生活費をローンで補うのは意味が無いのでしょうか?

生活費をローンで補うのは意味が無いのでしょうか?

生活費が足りないから、作っておいたカードローンで補っておこう…そう思いついたのは良かったのですが、それを教えた友人が「ローンなんかで補うと後が大変だから意味ないよ!」と注意されました。その友人には良く世話を焼いてもらうので、思わず躊躇してまだ融資を受けていません。

しかし、このままでは光熱費の引き落としに間に合わず、電気が止まってしまうかもしれません。でも急な出費があった今月では他に金策も無い…とくれば、しょうが無いと思いませんか?でもお金を借りたらやっぱり後で返さないといけないし、結果的にまた足りない…なんて事になるのでしょうか?

何だか頭の悪い質問で申し訳ありません…自分は計算が苦手なので、こんな事まで聞かないといまいち判断できません。回答を貰えたら今後は自分で気をつけますので、今回ばかりは教えてもらえるでしょうか?

来月以降に余裕があるのなら問題ありません

私も社会人成り立ての頃は、こうしたお金の問題で色々と悩んでいたなぁ…27になった今でようやく家計についても上手く回せるようになったけど、最初のうちはそうやって悩むのも、仕方が無い事だよ思うよ?計算が苦手というと馬鹿にされるかもしれないけど、そんな心ない意見なんて無視した方が楽ちんだしね。

生活費みたいな生きていく上での基幹部分のお金が足りない、それでいてそれを今後返さないといけない融資でまかなう…確かに、今後の生活でもずっと足りないっていうのなら、友人が言ったようにどんどん借金が増えていくって事も十分あり得るだろうね?でもね、よく考えてごらん。

例えば今月は1万円足りないとして、それを融資で補ったとしよう。でも来月は余分なお金が5000円あったとすると、それは借りていた1万円の返済に充てられるよね?そして余分なお金だから使っても別に生活には困らない…これは当然だよね?そこから考えていけば、すぐに分かるよ。

つまり、今月余裕が無くて足りなくても、来月には余計なお金があるのなら、特に借金をしたとしても問題は無いという事になるよね?借りたお金を返せる余裕が来月以降に存在するのなら、どうして怯える必要があるんだい?

でも、もしも来月も同じく1万円マイナス、それが続いていくというのなら、確かに借金を止めて生活を見直していかないといけない。足りないからとまた借りていけば、いつかは破滅するのが当然の流れなのだらかね。

そうでないのなら、今借りて使わないと一生カードローンの出番なんてないよ?使う時はすっぱりと使う、これもカードローンを活かすのには欠かせないのだよ。

急な生活費はカードローンを利用して捻出する

急な生活費はカードローンを利用することによって簡単に捻出することができます。そもそも、カードローンの審査は非常に簡易的になっており、誰でも気軽に申請をすることができるようになっています。全国展開されている無人契約機を利用すれば、いつでもどこにいてもお金を借りることができますので、困った時にはすぐにでもお金を使うことができるわけです。しかも、即日融資で利用することができます。

無人契約機を利用することでキャッシングの申請をするときには、主に二つの審査に関して準備をしておかなくてはいけません。まず一つ目は所得です。キャッシングの審査では在籍確認という方法によって所得の確認がなされることになります。もちろん、この所得に関しては多額の金銭を持っている必要はなく、アルバイトやパートで稼いだお金であっても融資の条件には達していますので安心して大丈夫です。

在籍確認というのは、キャッシング会社が実際に職場に電話をしてその会社に本当に在籍をしているかを確認することを言います。在籍確認の際には、キャッシング会社側から身分を明かすようなことは絶対にしません。架空の会社や担当者本人の名前を名乗って、会社に属しているかどうかだけを確認してくれますので職場に対してお金を借りることが知られることは絶対にないのです。

そして、もうひとつ大切になるのはこれからお金を借りる人の借金の状況です。金融機関は、お金を貸す人の属性を判断しますので、他の会社から既に多額のお金を借りているときには融資の適性に合致しないと判断されてしまう可能性もあります。ですので、申請をする前に自身の債務の状況を知っておくことが大切です。当然、はじめてキャッシングをする人がこの審査で落とされることは絶対にありません。

このように、これらの審査に通ればその場でキャッシュカードが発行され、即日融資でお金を生活費などに当てることができるようになります。金利も非常に低いので返済も容易になっており、安心して借りることができるわけです。