ブラックリストの私でも日本政策金融公庫から融資は可能ですか?

ブラックリストの私でも日本政策金融公庫から融資は可能ですか?

二年前、私は債務整理を行い、借金を綺麗に無くしました。綺麗と言っても自慢できるような事は無く、元々先物取引に失敗して出来てしまった借金です。言い訳をさせてもらえるのなら友人のススメにて始めて、その友人は今姿を消しています。どういう事かと言うと、まあ騙されて逃げられたという感じですね。

そうした手軽な金儲けに懲りた私は真面目に働くべく、次は起業を目指しています。債務整理をした人間が思うような事では無いかもしれませんが、やっぱりもっと多くの人の為に役立つ事業をしたいと思っています。先物取引は本当に自分の欲だけで行って失敗したので、もっと人の役に立ちながら食べていけたら…と考えたのです。

ただ、やっぱり起業をするには融資を使わないとまとまったお金を確保する事はできません。そこで日本政策金融公庫から借りる方法を思いついたのですが、債務整理をした私は所謂ブラックリストで、銀行や消費者金融からお金を借りる事は不可能と言っても良いでしょう。そうなるとやっぱり日本政策金融公庫も…と思いましたが、こちらは公的な貸し付けなので、借りられるのでしょうか?

あまり信用ならないのは分かっていてお願いです。今の私でも日本政策金融公庫からお金を借りられるか、教えて下さい。

別の方法にて借りる方が現実的かもしれません

債務整理というのも一種の罪を背負うものだとは思うけど、それが一切償えないとはボクは思えないからね。だから、キミがどんな立場であっても人の為に役に立ちたいというのであれば、それはとても立派だし尊い心がけだと思う。だからキミを信用して、この質問に答えさせてもらうよ。

まず日本政策金融公庫だけど、ここも債務整理といった信用情報は調べる…と言われているけど、絶対では無いとも言われているね。だから債務整理を行った人が自己申告せずに受けたら通過した…なんていう報告もあるけど、真似をする事が賢いとは言えないだろう。虚偽の報告をして融資を受けた場合、相当なペナルティが待ち構えているからね。

だから、せっかくなら別の公的な融資…再チャレンジ支援融資とかを受けるべきだね。この方法なら過去に債務整理を行っていても、公的機関から融資を受けられる可能性がある。もちろん誰でもというわけじゃなくてきちんとした審査に通過出来て始めて借りられるわけだけど、希望が十分あるという意味では有用な方法だろう。

諦めない人にはいくらでもチャンスがある…というのはきれい事じゃなくて、実際にあるからこそ言われている。だから、キミにはもっと頑張って欲しいな。

ブラックでも日本政策金融公庫からなら借りることができる

ブラックになるとどこからもお金を借りることができないというのが一般的な考え方なのですが、日本政策金融公庫からなら借りることができると言われることもあります。なぜこのように言われるのかというと、民間の金融機関とは異なる点があるからです。

日本政策金融公庫が貸し付けを行う場合にはもちろん審査を行います。この審査のときには個人情報を確認すると言うことは行われることになっていますが、実際には全てにおいて確認しているわけではないようです。ですから、ブラックとなって一般的な金融機関から借りることができない人であっても、審査に通ってしまうと言うことがあり得ます。

ただ、このような方法をとるよりも、そもそもブラックでも借りることを前提とした融資の制度を利用するのが良いでしょう。その一つが再挑戦支援資金です。これはどういったものなのかというと、経営をしていたことがあって、そして廃業した経歴がある人を対象としたものです。再び創業をしたいと言うときに利用する事ができます。金額としては7,200万円まで借りることができますから、かなり大きな事業にも用いる事ができます。

なぜこのような融資の志度があるのかというと、経験を生かすためだと考えられます。廃業したことがあるとは言っても、その間には色々な経験があるはずです。今後も同じように失敗して廃業してしまう可能性はあるかも知れませんが、経験を生かして成功する可能性もあると言えるでしょう。

日本の経済を再生するためには、新規産業の開拓が必須な条件となってきていると言えるでしょう。そのために、すでに経営を経験した人のノウハウを生かすためにこのような融資の制度が作られていると考えられます。ですから、一度借り入れをして経営に失敗した人であっても、その経験は国に必要とされていると言えるでしょう。民間の金融機関にはないサービスで、国にしかできないサービスだと言えるでしょう。