三井住友カードローンの審査はやっぱり厳しいですか?

三井住友カードローンの審査はやっぱり厳しいですか?

三井住友銀行って言えば、やっぱりVISAカードで有名ですよね。国内の中でもかなり信頼あるクレジットカードということで価値も高く、でもその反面で審査は厳しい…って言われていますよね。やはりそうした厳しさも信頼に繋がっているのかなぁ…と思います。

思わず話が逸れてしまいそうになりましたが、今回は三井住友カードローンの話です。カードローンというのはクレジットカードと違ってお金を借りる専用のカードですが、これもやっぱり三井住友銀行と関係しているだけあって、やっぱりその審査基準というのは厳しいのでしょうか?カードローンが欲しくなったのでこの信頼が強そうなカードが欲しいのですが、難しいようなら私には無理かな…とも考えています。

このカードが難しいかどうか、皆さんの感じている事を教えてもらえませんか?

簡単では無いですが作れないほどではありません

三井住友銀行は日本でも強大な影響力を持つメガバンクだけあって、やはり適当な体制というわけではありませんね。上質なサービスを提供する信頼ある業者という事は、やはり利用者の方もある程度選別しているというのが正しいでしょう。

それに三井住友カードローンというのは銀行系ですから、消費者金融よりかは審査が厳しいと思った方が良いでしょう。銀行は低金利の分審査を厳しくして確実に回収する事で、堅実な利益を出しています。なので多少のリスクを冒してでも融資してくれる消費者金融よりも難しく、同時に使える人は減ってくるのは当然です。ゆえに、簡単とは言いにくいですね。

ただ、現代の銀行の門戸の広さを考えるに、高所得者でないと作れない…というわけでは無いでしょう。昔は確かに高所得者も多かったのでそれで商売が成立していたかもしれませんが、今はむしろ所得は落ち込み気味です。なのに顧客の選別ばかりしていたら、利用者は少なくなってしまいますね。

現に、最低利用限度額程度なら、アルバイトの方でも比較的簡単に発行してもらえます。すでに他の融資を使っている人や今までに返済の遅れがあった人なら厳しいですが、まだ借入を使った事が無くて、尚且つ収入があるのなら期待はできるでしょう。

そして、限度額が少なくとも利用して着実に信用を重ねれば、限度額引き上げにも快く応じてくれます。誰でも使い始められて、そして十分な額を将来的には確保ができるカードローンと言えそうですね。

三井住友カードローンで借りるための審査について

三井住友カードローンは、銀行系カードローンですから、低い金利で借りることができますし、また借入金額を大きくすることもできますから、魅力的なカードローンだと言えるでしょう。ただ、全ての人にとって魅力的なものであるわけではありません。というのも、有利に利用できる分だけ、審査は少し厳しいという傾向があるからです。

通らなければもちろん借り入れることはできません。通れば良いのかというと、そうではありません。通ったとしても、結果によって借入限度額が決まり、そして借入限度額に応じて借入利率が決定されます。ですから、融資の条件全体が変わると言えるでしょう。

例えば、通った場合であっても、4%の利率で借りることができる場合と、14%の利率で借りることができる場合とでは大きく異なります。当たり前のことなのですが、4%で借りることができるほうが有利だと言えるでしょう。

ちなみに、三井住友カードローンでは変動金利を採用していますから、金利市場が変動すればそれに応じて利率が見直されます。リアルタイムに変動するのではなくて、定期的に見直しが行われるという形で変動する事になります。ですから、最初に契約した金利がずっと続くわけではないという点には注意しておきましょう。

利率についてですが、変動ですからある程度の幅は設定されています。例えば、100万円以下の場合には年率にして12%から14.5%と定められています。基本的にはこの範囲の間で変化します。100万円以下の場合にはこれくらいの金利ですから、これは決して低いとは言えないでしょう。限度額が大きくなれば、利率は低くなります。

最低の金利は4%から4.5%なのですが、これは借入限度額が700万円を超えて800万円以下の場合です。ですから、審査によって限度額を大きくすれば、低金利で借りることができるのです。利率が低ければ利息は安いのですから、こちらの方が有利でしょう。ですから、審査は非常に大事なものなのです。